目の病気・メガネのケア

「斜位」をご存じですか?

「同じ行を何度も読んでしまう」「片方の目で読むほうがラク」こんな症状を感じているなら「斜位」かもしれません。

斜位とは?

目を開けて正面を見るとき、目は正面を向いているのに、目を閉じたり開いたりすると目の向きが正面からずれる人がいます。このずれを「斜位」または「かくれ斜視」といいます。

「斜位」は筋肉のバランスがくずれているため、モノを見るときに正常な目の人と比べて強い緊張状態が続き、それが原因で眼精疲労や頭痛、肩こりなどを発症します。

「斜位」は目が疲れたときにその症状が起こり、目が疲れてくると視線が定まらなくなります(下図参照)。

▼例えばスマートフォンを見ている時に▼

正常な目の場合
斜位の場合

※写真はイメージです。

セルフチェックをしてみましょう

メガネをかけた状態で行います。
①5mくらい先の対象物(時計、テレビ、看板など)を決めます。
②左右の目を左、右の順番で交互に隠します。隠したほうの目も開けておきましょう。1~2秒したら右、左の順番で同じ動作を行い、それらの動作を数回繰り返します。
③見え方と目の動きをチェック。左右で見え方に大きなズレがなければ正常です。

こんな症状を感じたら要注意!

● よく眼精疲労、肩こり、頭痛が起こる
● 読書やパソコン入力作業中に 行を飛ばしてしまう
● 遠近感がとりにくい、球技が苦手 
● 両眼で見ているときに、 物が二つに見えてしまうことがある

※ 症状が重くなければ放置して差し支えない場合もあります。
※上記の症状を感じたら、お近くの眼科で検診されることをおすすめします。