目のケア・メガネのお手入れなど

メガネの困ったにお応えします!「修理 … メタルフレーム」

遠近両用プロショップでは、メガネの産地として有名な福井県鯖江市内にサンクス・メンテナンス・センターを設置し、お客様の大切なメガネの修理を承っています。今回は受注件数の多いメタルフレームに関してご説明します。

メタルフレームの修理に関して

メタルフレームはパーツが多岐にわたり、自ずと溶接個所も多くなりますので修理の依頼が多くなりがちです。また、メッキや飾り、装飾が剥がれることもあり、これらの修理も数多く頂いております。

メタルフレームの場合、ほとんどのフレームが修理可能ですが、どこまで修理するかによってお値段と納期が変わってきてしまいますので、詳しくは下記の実例をご参照下さい。

尚、価格幅に関しては、全国にある遠近両用プロショップの店舗からサンクス・メンテナンス・センターに修理品を送っている為、往復送料によって違いがございます。詳しくは店頭でのお見積りにてご確認ください。

メガネフレーム 各部の名称

ブリッジの修理

フレームに何らかの力が加わった場合、細い部分か金属疲労を起こしている部分が折れるか、もしくはロー付けされている部分が剥がれるかといった破損が起きます。

ブリッジも例外ではなく、リムやリムロックに対してロー付けされていますので、このロー付け部分が剥がれてしまうことが多いです。

この場合、3タイプの修理をご用意していて、一番お手頃なのはロー付けのみで4,400円~6,600円ですが、熱を加えた部分はメッキが剥がれてしまうか、黒く変色してしまうのがOKの場合となります。修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。

顔の中心だから目立たないようにしたいという場合は、ロー付けした場所のみカラー処理をする方法が可能で6,000円~8,800円程度になります。日数はおおよそ7~10日間です。ただし、完全な同色にはなりませんので、その旨をご了承いただきます。

全てを再メッキして綺麗にしたいという場合は7,700円~11,000円程度で修理可能です。日数はおおよそ20~25日間です。

経験上、目立つ場所ですので、最低でもロー付けした場所のみカラー処理をする方法をお奨めします。

メタルフレーム ブリッジ修理 ビフォア&アフター

テンプルの修理

テンプルの修理で多いのは、テンプルの開閉で使う丁番部分の折れやコマ切れです。

上下方向に力が加わると力が集中するのが丁番部分になりますので、どうしても破損しやすくなります。

メタル枠の場合、受け側が2枚、差込側が1枚の合計3枚丁番が普通ですが、セル枠等でテンプルの天地幅が広いものの場合は、受け3枚、差込2枚の合計5枚丁番というものもあります。枚数を多くすれば力が加わっても折れることが減りますが、テンプルの天地幅によって限界がありますので、通常のメタルフレームはどうしても3枚丁番となってしまいます。

修理価格に関しては、ブリッジ修理と同じ3タイプの修理をご用意しております。

また、丁番部分にバネが仕込まれているバネ丁番というものがあります。海外製で比較的安価なものはボックス型のバネ入りが多く、日本製で高級品に使われるのがスライド式のバネ丁番です。どちらもテンプルを広げた時にプラスアルファの開きをもたらしてくれますので、掛け外しを容易にしてくれたり、フィット感が増す効果もあります。

バネ丁番も修理可能ですが、破損状況によっては部分カラーや再メッキをお奨めする場合もございます。

メタルフレーム テンプル修理 ビフォア&アフター

リムの修理

リムの修理で多いのはブリッジ近辺のリム切れです。

前記したブリッジのロー離れはロー付け部分が剥がれてしまうのに対し、リム切れはリム線自体が金属疲労を起こして切れてしまう場合です。

昔は添え木を当てて修理しましたが、今ではロー付けの技術が進歩して、ほとんどの場合、添え木無しでも修理可能になりました。

この場合もブリッジ修理と同じ3タイプの修理をご用意しておりますが、ブリッジに近い場合は、最低でもロー付けした場所のみカラー処理をする方法をお奨めします。因みに下記のアフターの写真は、ロー付けした場所のみカラー処理をした場合の写真です。色の違いは写真を参考にしてください。

メタルフレーム リム修理 ビフォア&アフター

クリングスの修理

鼻パッドの調整はメガネの調整の中で一二を争う項目ですので、それだけ破損も多くなります。クリングスの修理に関しても他と同じ3タイプの修理をご用意しておりますが、ブリッジに近い場所にありますので、最低でもロー付けした場所のみカラー処理をする方法をお奨めします。

クリングスは目とレンズの距離を保つうえでも非常に重要なパーツですが、角度を間違えると痛みを伴うことがありますし、摩擦係数が下がるとメガネがズレ落ちる原因の一つにもなってしまいます。

また、海外製と日本製ではクリングスの形が違い、日本製の方が曲がりの回数が多く、より細かい調整ができやすくなっています。スポーティーなデザインのフレームには柔らかい素材を使っている場合もありますので、ご購入の際は目安の一つにして頂くのも良いでしょう。

尚、器用な人ほどご自分で調整してしまうことが多くありますが、無理な力を加えると金属疲労を起こしますので、できれば遠近両用プロショップにご来店いただき調整して欲しいところです。

万が一、溶接部分が外れたときは、外れたパーツをご持参ください。パーツが紛失してしまった場合、一部の特殊なパーツに関してはパーツ代金をご請求させて頂くことがあります。

メタルフレーム クリングス修理 ビフォア&アフター

ヨロイの修理

ヨロイの修理は他の修理と比べると、あまり数は多くありませんが、無理に広げるような力が加わるとロー離れを起こすことがあります。人とぶつかった時なども壊れることがあります。

他と同じように3タイプの修理をご用意しておりますが、メッキ剥げが相手から見えてしまう場合は、ロー付けした場所のみカラー処理をする方法をお奨めします。

メタルフレーム ヨロイ修理 ビフォア&アフター

その他の修理

画像左上 … ネジ抜き

潮風等でサビついてしまったり、稀に接着剤を付けてしまう方もいらっしゃいまして、ネジが取れなくなってしまうことがあります。ネジが外れなくなった場合の処理方法です。料金は4,400円~6,600円で、修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。

画面右上 … 型直し

何かがぶつかったり、踏んづけてしまった場合など、極端に型崩れしてしまった場合の修理です。ぱっと見では分からないような亀裂が入っている場合は、型直だけでなくロー付け等の追加処理も必要になる場合がございます。料金は4,400円~6,600円で、型直しのみですとおおよそ7~10日間ですが、ロー付け等の追加処理も必要になる場合は、プラス10~15日間程度かかる場合がございます。

画面左下 … メッキ剥げ

メッキは何ミクロンといった単位で非常に薄い為、衝撃等を与えるとキズが出来てしまい、そこから内部が腐食して剥げてしまうことが多々あります。こういった場合は一度、すべてのメッキを剥がし、下地処理を行ってから再メッキ施します。料金は4,400円~6,600円で、修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。

画面右下 … 再七宝

メッキの上に七宝と呼ばれるカラー装飾を施したものが剥がれてしまった場合の処理です。メッキ同様に色合わせをしながら処理します。料金は4,400円~6,600円で、修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。

メタルフレーム 修理

画像左上 … バネ丁番の修理

形状や種類もいくつかありますが、こちらは左右どちらか1か所でも左右共に修理の2か所でも同じ料金で対応させて頂いております。料金は4,400円~6,600円で、修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。

画面右上 …石新規取付

取れていない側の石の色を見て、同じような色の石を新しく取り付けます。料金は4,400円~6,600円で、修理に掛かる日数はおおよそ7~10日間です。石の種類をご指定の場合は石そのものの価値と価格によってお値段が変わりますので、お見積りが必要になります。

画面左下 … 先セル交換

一般的なものであれば店頭での交換も受け付けております。特別なものの場合は取り寄せになるか、オーダーメイドになりますので、別途お見積りになる場合がございます。

画面右下 … パッド交換

一般的なものであれば店頭での交換も受け付けております。特別なものの場合は取り寄せになるか、オーダーメイドになりますので、別途お見積りになる場合がございます。

メタルフレーム 修理

遠近両用プロショップからのお願い

一品一品、心を込めて修理させて頂いておりますが、修理はあくまでも修理であり、新品に戻るわけではございません。また、個別対応の為、どうしても時間が掛かってしまいます。時と場合によってはパーツをお取り寄せして交換したり、買い直して頂くことをお奨めする場合もございますので、予め、ご了承くださいませ。