レンズのはなし

目も紫外線対策が必要って本当ですか?

肌の紫外線対策は万全なのに、目の対策はしていない。そんな人は要注意! 目から入る紫外線で肌は日焼けしてしまいます。今回は、目の紫外線対策に最適なレンズのお話です。

「UVカットは目から」が新常識!

日焼けの原因である紫外線は「目」からも容赦なく体内に入りこみ、日焼けを加速させるという研究結果が発表されています(大阪市立大研究チーム調べ)。

目は肌よりも粘膜に近いため紫外線を吸収しやすく、目から入り込んだ紫外線に身体が中から反応し、メラニン色素を活性化させるのです。

花粉症のように身体の中から紫外線が反応してしまうなんて怖いですね。

目の紫外線対策に役立つのがメガネとサングラスです。UVカットレンズで、目に入っている光量を調節してくれる調光レンズや乱反射を防ぎ、自然光のみ目に伝える偏光レンズは、サングラスとしておすすめと言えます。

まずは「UV400」機能が備わっているか確認を!

今、メガネ店で売られているメガネレンズは「UV400」機能をほぼ標準で装備しています。透明なレンズも前面からの紫外線をカットする機能が充分あるんですよ。しかし、サングラスの中には、眩しさを防いでも紫外線を充分カットしない「ファッショングラス」という物があります。品質タグを確認し、しっかり「UV400」が備わっているか確認して下さいね。

雪山やビーチで怖いのは照り返し。照り返しの紫外線から目元を守る機能をもったレンズが開発されました。前面からの紫外線だけではなく、レンズの裏面に反射して入り込む紫外線も低減することができます。

目の紫外線対策についてはお近くのメガネ専門店にご相談を!