フレームのはなしメガネ選びのポイント

遠近両用メガネに見えない『Ray-Ban レイバン クラブマスター』をご紹介。

レイバンサングラスも眼鏡専門店ならば普通のメガネレンズに変える相談に乗ってもらえます。かっこいい遠近両用メガネ選びは眼鏡専門店へ!

『レイバンといえばサングラスだろう!』と思われる方が多いでしょう!
長年に渡り、コアなファンを集め続ける人気のサングラスブランドの『レイバン』ですが、眼鏡専門店にはメガネフレームも多数取り扱っている店舗があり、サングラスのレンズを普通のメガネレンズに変える相談にも乗ってもらえると思います。


筆者も、往年の人気サングラス「Ray-Ban CLUBMASTER(レイバン クラブマスター)」を普通のメガネレンズに変えてもらいました!

rayban_clubmaster01 レイバン メガネ  クラブマスター 遠近 遠近両用に見えないメガネ
Ray-Ban CLUBMASTER(レイバン クラブマスター)
天地幅が十分あるので、遠近両用メガネにも向いているデザインです。
rayban_clubmaster02 レイバン メガネ  クラブマスター 
裏側が鮮やかな緑でチラ見せがとてもかっこよいので、今回は外出用のダテメガネ&曇りが早く取れるメガネレンズを入れてもらっています。

眼鏡専門店なら、サングラスで気に入った枠が合った場合、可能な限りレンズ取替の相談に乗ってもらえます。

商品によってはレンズが変えられないモノもあったりしますが、眼鏡専門店ならば、その他、あなたの希望に限りなく近い提案をしてくるはずです。
「かっこいいけどこれ…サングラスだからなあ…」と諦めず、ちょっと相談してみてはいかがでしょうか。

もちろん、度付きのサングラス、それも遠近両用レンズで作ることも出来ます!

例えばレイバンサングラスの定番ウェイファーラーRB2140Fを「遠近両用レンズ」で、さらに見たい光だけを通す「偏光レンズ」仕様で制作した例もご紹介!

レイバン サングラス 偏光レンズ 遠近両用 RB2140F


→レイバンサングラスRB2140F 遠近両用+偏光レンズ仕様を仕上げたお店は、コチラから!


メガネやメガネレンズにお困りの方はお近くの「遠近両用プロショップ」へ。こちらの「ご相談・お問い合わせフォーム」からお気軽にご相談ください。