疲れ目対策

「目が小さくなった」ように見えるのは、疲れ目が原因かも?!

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、目で第一印象を判断する人は多いようです。特に女性は「大きな目」に憧れる傾向がありますが、疲れ目(眼精疲労)が原因で目が小さく見えることがあるのを、ご存じですか?

疲れ目は、第一印象に影響する?!

株式会社Be-kingが全国の20代~50代の男女を対象に行った「人の印象に関する意識調査」(2018年)によると、人の第一印象を決める際に重要視している箇所について、71%が「顔」と回答し、顔のパーツのなかで最も注目しているのは「目」(84.2%)という結果が出たそうです。

眼科医の患者のなかには「若い頃は大きな目がチャームポイントだったのに、最近目が小さくなった気がする」と嘆く患者さんがいるそうです。目が小さくなる(または、小さくなったと感じる)理由のひとつに、まぶたのむくみやたるみがあります。

加齢とともに新陳代謝が低下して、まぶたがむくんだりたるむこともありますが、年齢に関係なく眼精疲労による、まぶたのむくみ等で、その症状が出る場合もあるようです。

疲れがたまるとまぶたがあがりにくくなる

「目が疲れてまぶたが重い」と感じたことはありませんか? まぶたには、上眼瞼挙筋肉(じょうがんけんきょきん)という上まぶたを引き上げる筋肉がありますが、目が疲労するとこの筋肉が下がってしまい、まぶたが開きにくくなる場合もあるようです。

この場合は、疲れ目を改善することで、まぶたが開きやすくなり、目が大きく見えて印象も明るく変わる場合があります。
※症状によっては、専門医の治療が必要です。まずは、専門医に相談されることをおすすめします。

疲れ目の原因は?

疲れ目の原因には目の異常、ライフスタイル、心理的な問題など様々な要因が考えられます。

①遠視、乱視、近視、老眼を放置している。
②度の合わないメガネやコンタクトレンズを使用している。
③ドライアイ
④長時間のパソコン作業
⑤パソコン画面への照明の映り込みなど光の刺激
⑥エアコンの風が目にあたる
⑦ストレス

疲れ目を解消する方法

顔の印象を良くするためにも、疲れ目ケアは大切!
疲れ目を解消する方法をご紹介します。

①現在の目の状態に合った、メガネやコンタクトを使用する。
→そのメガネ、あなたの目にあっていますか?
 「目のがんばり度」チェック!

②ドライアイを防ぐためにまばたきを意識して、適度に目を休める。

③蒸しタオルやホットアイマスクで目をリフレッシュする。

疲れ目

④目の体操をする。
→疲れ目をほぐし、リラックス効果もある「目のけんこう体操」

⑤疲れ目を改善するマッサージをする。
→目の疲れに効くツボはこちら

⑥疲れ目に効く食事をする。
→疲れ目軽減レシピはこちら

その他、疲れ目対策をご紹介しています。
→くわしくはこちら

   

疲れ目は顔の印象にも影響します。
疲れ目を軽視することなく、「目が疲れたな」と思ったら、まずは目を休めることから初めてくださいね。

   


メガネやメガネレンズにお困りの方はお近くの「遠近両用プロショップ」へ。こちらの「ご相談・お問い合わせフォーム」からお気軽にご相談ください。




「えんきんドットコム」をご覧いただき誠にありがとうございます。只今サイトをご覧いただいている皆様へ、1周年記念プレゼントが抽選でもらえる企画をご用意いしております。

是非、下記リンクを参照の上、簡単なアンケートに答えてご応募ください。

えんきんドットコム1周年記念

→プレゼント案内ページはこちらから!

応募期間:2021年12月1日(水)〜2022年2月28日(月)迄
※当選発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。