未分類

ウイッグとメガネのお話。/メガネスタイリスト・里和さんの連載③

髪のボリュームダウン、白髪、薄毛など、年齢を重ねていく出てくる髪のエイジングサイン。おしゃれ目的や病気の治療期間中にウイッグの利用を考えていらっしゃる方へ。今回は、ウイッグライフを快適にするメガネのかけ方のお話です。

お話をうかがいました

里和(さとわ)さん

帽子とメガネのスタイリスト

2006年より帽子作家として活動。銀座三越や京王百貨店(新宿)などでグループ展を行った際、「似合う帽子の選び方」を知りたいお客さまがたくさんいることに気づき、「似合う帽子を見つける3つのポイント」を帽子理論として独自で体系化。その後、帽子スタイリストとして活動を始める。同時期にメガネの相談を多く受けるようになり、現在はメガネと帽子のスタイリストとしても活動。メガネの買い物同行サービスやプロ向けの講座「メガネと帽子のプロ養成カレッジ」なども開催している。

https://satowa-hat.com/

ウイッグと地毛の時では、メガネのかけ心地が変わります。

メガネスタイリストの里和さんは、ある日突然脱毛症を発症し、約1年間ウイッグを利用していた経験があります。地毛の時とウイッグを着けている時では、メガネのかけ外しで気を付けた方がいいことやメガネの役割が違っていたそうです。その当時の体験をもとに、ウイッグライフを快適にするメガネのかけ方について教えていただきました。

――地毛の時とウイッグを着けてる時とでは、メガネのかけ方にどんな違いがあるのでしょうか?

里和 ウイッグにもサイズがあって、メーカーによってかぶる深さが違います。サイズが浅すぎるとメガネのテンプルがウイッグにあたってしまったり、深すぎるとテンプルが持ち上がって、メガネ全体がビヨンっと上がってしまったりします。

モダンの太さも、かけ外しのときに影響します。モダンが太いメガネの場合、メガネをかけたときに耳とウイッグとの間が狭くなって、耳の上の位置くらいでモダンがウィックの中に入り込んでしまうことがありますし、逆に細いメガネの場合はウイッグの内側にあるネットに引っかかってしまうことがありました。

●ウイッグの内側の位置

ウイッグの内側の位置

●モダンの注意ポイント

ウイッグとメガネ。モダンの注意ポイント

里和 ウイッグを着けた時は、普段では起こらないような不具合が出ることがありますので医療用のウイッグの時はもちろん、日常的におしゃれ用のフルウイッグを利用される場合でも、必ずメガネ屋さんでかけ心地を調整をしていただくことをおすすめします。

メガネ屋さんに、ウイッグを着けていることを伝えた方が良いですか?

里和 フィッティングをする時、地毛の時とは違う感触があるため、あらかじめお伝えしておいた方が店員さんも気を使う必要がありませんし、こちらも「ウイッグって気づかれるかも」とソワソワしなくて済みますね。私は、必ず店員さんに事情を話すようにしていました。

ウィッグが必要なくなった時、メガネの調整は必要ですか?

里和 深めのウイッグを使っていて、ウイッグがモダンにかからないよう調整してある場合は、ウイッグを外した時点で恐らくメガネがゆるくなってしまうと思いますのでフィッテングをし直した方がよいですね。

また、ウイッグが浮くのを防ぐために、耳元の髪の毛をメガネで挟んでウイッグが浮かないようにしている方がいらっしゃいますが、その場合もウイッグを外すとメガネがゆるくなると思いますので、フィッティングをしてかけ心地を調整した方が良いと思います。

脱毛症の治療中、メガネをかけていてよかったこと。

里和 ウイッグを探し始めて感じた地毛との違いや違和感は、髪質と分け目でした。そのため、できるだけ分け目や髪質が自然なものを探して購入しました。自然に見えるウイッグをかぶっているとはいえ、「大丈夫かな?」「不自然じゃないかな?」「ウイッグがずれていないかな?」とかぶり始めの頃は、どうしても道行く人たちの目が気になります。

そんな時、メガネをかけているとヘアスタイルよりもメガネに視線がいくので、「頭を見られている感じがない」という安心感はありましたね。

ウイッグ×メガネのおすすめコーディネート

–ウイッグの時ならではのメガネの選び方はありますか?

里和 ウイッグの場合、おでこの生え際がどうしても不自然になってしまうため、生え際が見えないように前髪を厚めに作ってある場合が多いです。ウイッグが決まるとお店でその人に合わせて髪をカットしてもらえますが、「前髪を薄めにして欲しい」とお願いしても「厚めのほうが良いですよ」とアドバイスされることになると思います。そうなると、前髪が重めになってしまうため、太いフチのメガネだと目元がうるさくなって気になるという人はいらっしゃると思います。

太めのフチのメガネを普段かけている方は、軽めのボブやロングヘアを選んで顔周りをすっきりカットしてもらうと良いと思います。ウイッグの場合、もみあげがありませんので髪を耳にかけられません。顔周りに髪の毛があるため、私がウイッグをしていたときは細めのタイプのメガネをかけて、顔周りの印象をすっきりみせることが多かったですね。

 

\里和さんのウイッグ×メガネ コーディネート/
里和さんは、ちょっと重めなボブスタイルのウイッグを着用。

●顔周りをすっきりさせるには、細めのメタルフレームがおすすめ。

●黒縁のメガネでも、太さが違うと印象が変わります。

ウイッグとメガネ。黒縁メガネの比較。

●フチが太めのセルフレームなら、透け感のあるタイプがおすすめ。

–色と太さではどちらを気にした方が良いですか?

里和 見た目の印象は、色より太さの方が影響あるかもしれません。ウイッグと合わせてみないと雰囲気はわかりにくいため、ウイッグを作るときにお店の人に相談して、かけているメガネに合うようにウイッグをカットしていただくと良いと思います。

—————

ウイッグ×メガネスタイルを素敵にみせるには、前髪とメガネのバランスが大切なことが、里和さんのお話でわかりました。そして、日常的にウイッグをつけるのなら、ウイッグに合わせたフィッティングがとっても需要! かけ心地が悪いと、物が見えづらくなり目の健康にも悪影響がでますので、フィッティングは必ずしてくださいね。

 

\メガネスタイリスト・里和さんの人気連載 公開中です/

似合うメガネを選んでくれる店の選び方/メガネスタイリスト・里和さん連載①
婚活メガネは「話しやすい」印象づくりが大切!/メガネスタイリスト・里和さん連載②

 


メガネやメガネレンズにお困りの方はお近くの「遠近両用プロショップ」へ。こちらの「ご相談・お問い合わせフォーム」からお気軽にご相談ください。