レンズのはなし遠近両用メガネ選びのポイント

会議がはかどる「室内用 遠近両用レンズ」

見たい距離が3・4m~お手元の30cm位の場合、 遠近両用より室内での距離に合わせて設計された室内用の遠近両用(中近両用)の方が使いやすく楽になります。

会議やデスクワークには室内用の遠近両用がお勧め!!

< 会議の時に見たい距離 >

遠近両用メガネ 会議に見たい距離

< デスクワークで見たい距離 >

遠近両用メガネ デスクワークで見たい距離

見える距離と幅の違い

室内用の遠近両用の場合、遠くが見づらくなりますが、室内の見たい距離に対して見える幅が格段に広くなりますので、結果として見やすくなります。

遠近両用で見える距離と幅

レンズ設計イメージ比較

室内用の遠近両用は見たい場所の視野を広く作ってありますのでピント合わせも楽になります。また、ユレ・ユガミも少なくなるので慣れやすいです。

遠近両用レンズ  室内用の遠近両用レンズ

※ 室内用の遠近両用は、常にメガネを掛けている近視・乱視の方にお勧めのレンズです。
※ 室内限定ですが慣れた場所なら歩く事も可能です。