メガネ選びのポイント疲れ目対策

目が疲れにくい「大人メガネ」を作る

おしゃれで、目が疲れにくい「大人メガネ」を作るなら、 目とメガネの専門家がいる専門店で作るのがおすすめ。 視力測定からフィッティングまでいろいろな不安材料を取り除きながら、 最適なメガネを作ることが素敵な「大人メガネ」を楽しむ第一歩です!

1 視力測定

測定器で、おおよその視力を測ります。この機械で近視、乱視、遠視もわかります。

視力測定
リラックスしてレンズの向こう側に映し出される映像を見るだけ。測定はとても簡単です!

2 瞳孔間の距離を測る

右目と左目の瞳孔の距離を測定します。おおよその距離は1の視力測定でわかりますが、鼻が曲がっている人、瞳孔の位置が外寄り、内寄りの人など、人によって違いがあります。

私はちょっとだけ右眼が外寄りでした。

瞳孔間の距離を測る
瞳孔間の距離を測るなんて初体験!
瞳孔間の距離を測る
両目の瞳孔の中心の距離を測ります。

専門店で作るポイント

専門店で作るポイント

正確な瞳孔間の距離を測ることで、より快適なメガネをつくることができます。

3 目の度数を測る

目の度数を測る

裸眼状態での視力測定をして、レンズを選びます。一人ひとりの目の状態に合わせて、より最適なレンズを選ぶことができます。

4 仮枠にレンズを入れて試着

3で決まったレンズを仮枠にはめて、見え方の確認をします。メガネをしばらくかけた状態で文字を読んだり、周りの景色を見て違和感がないかを試します。少しでも違和感があれば、レンズを替えて再度見え方を確認します。手元や遠くを見ながら、見やすさを確認します。

仮枠にレンズを入れて試着
すごく良く見える!読んでいて目がラク!
仮枠にレンズを入れて試着
ちょっと遠くを見ると、ぼやけて目が疲れるかも…
専門店で作るポイント

専門店で作るポイント

手元用の視力表等を利用して、その人に最適なレンズを選んでいきます。使う人のライフスタイルにあわせ、細かいご要望にお応えしながら、最適なレンズをご案内できることが専門店で「大人メガネ」をお作りいただくメリットです。

5 フレーム選び

デザイン、色など自分の好みのフレームを店頭で選びます。

フレーム選び
太めのフレームだとカジュアルすぎるかな~?細めのフレームにすると、知的なイメージになりますよ。
専門店で作るポイント

専門店で作るポイント

お客さまが選んだお好みのものの延長線上で、「小顔に見える」「若々しく見える」「顔が華やかになる」など、よりお似合いになるフレームを専門家としての視点からご提案します。

6 レンズ選び

遠近、中近、近々など、レンズを決定します。読書、パソコン、打ち合わせでホワイトボードを見るといった目的で使いたいので室内用中近レンズを選びました。

専門店で作るポイント

専門店で作るポイント

専門店には、さまざまなシーンにあった最新かつ、細かいオーダーに応えられるレンズが豊富にそろっています。

7 プレフィッティング

正しい位置にかけられるように、レンズ加工前にフレームの形を顔のカタチにあわせて調整してもらいます。顔のバランスや自分のかけ心地の好み、姿勢に合わせて決めていきます。

プレフィッティング
プレフィッティング
違和感がある箇所はその場で調整してくれます。
専門店で作るポイント

専門店で作るポイント

フィッティングはとても大切な要素ですので、
⃝目とレンズの距離は適切か?
⃝顔の横幅に合っているか?
⃝鼻にのせた時に違和感がないか?
⃝かけ心地に違和感がないか?
などを専門家の視点で確認します。

8 加工

9 引き渡し

かけ心地のチェック、保証について、使用する上での注意点などをていねいに教えてもらい、出来上がった「大人メガネ」を引き取ります。

引き渡し

はじめての「大人メガネ」専門店で作るメリット

メガネのことはもちろん、目に関する専門的な知識を持ち、「お客さまの困りごと」を一つひとつ解決しながら、お客さまに合ったメガネが作れる、それがメガネ専門店で「大人メガネ」を作る最大のメリットです。


「大人メガネ」を初めて作る方へのアドバイスとしては、フレームは軽いものを選び、レンズは大きいほうが、視野が広くなるのでおすすめです。

お話をうかがいました

棚澤 健二さん

メガネのアズアイム イオンモール大和店

メガネ・サングラスを通じて地域の皆様に心地よい時間と快適な視生活をご提供するアイウェアショップです。 お客様のライフスタイルに合わせて専門のスタッフが視生活のアドバイスをさせて頂いております

http://www.asim-yamato.com/

JOA